SUP

Stand Up Paddle Board

 
普通のサーフボードで覚えた波に乗る楽しさと、シーカヤックで覚えた海を旅する楽しさとパドリング技術が、SUPの世界へ導いてくれました。
シンプルな道具で色々な使い方ができて、まだまだ発展の余地もあるSUPの世界には、無限大の楽しみが待っています。

一言でSUPと言っても、楽しみ方や使い方は、サーフィン、水上の散歩やエクササイズ的なクルージングまたはツーリング、長距離ツーリングやエクスプローリング、川下り、レース、ヨガ、釣り、ポロ・・・など、多岐にわたります。そして、穏やかな海や湖から、荒々しい外洋、川など、およそ水のあるところならどこでも使うことができ、使う場所や乗る人のレベルに応じて様々な楽しみ方ができるのがSUPです。
そんな中、当店は海の手軽なデイツーリングからキャンプ道具なども積載する長距離ツーリングとサーフィンをメインに、楽しみ方や楽しく安全な使い方をご提案しています。

ボードのタイプによる分類

 
巨大なロングボードのようなものからスタートしたSUPのボードは、現在では用途やシチュエーションに応じて、形やサイズも多種多様となっています。
そこで、ヨガや釣り、ポロなど特殊な用途のものを除き、ボードを大きく5種類に分類し、各々の大まかな特徴を軸として、楽しみ方や用途などの違いを簡潔にご説明します。

文字通り、ツーリング・クルージングから、SUPサーフィン、釣り、川下りなど、一本で色々な使い方のできる汎用性の高いタイプです。悪い表現の仕方をすれば中途半端な性能となってしまうのですが、「ボード1本で色々な楽しみ方ができる」のは、SUPの原点と言うか、本来の姿でもあるように思います。また、このタイプには安定性が高く乗りやすいものが多く、基礎的なパドリング技術を習得するのに最適です。サーフィンをすることはほぼ想定しない人は、最初の1本でツーリングボードも選択肢に入りますが、基本的には最初の1本は9〜12ft.位の長さ(体格にもよります)のオールランドタイプのボードをお薦めします。
どんなスポーツにもよくあることですが、「初心者用ではすぐにつまらなくなるから、もっと上のレベルの道具を。」のような考え方は正しいとは思えません。エキスパートが乗るハイパフォーマンスなボードは、技術があるからそのボードの性能を引き出すことができるのであって、初心者が乗っても、上級者の技に近づけるどころか、そうしたボードではまともな練習にもなりません。レベルに合った道具を使わなければ、むしろ上達へ遠回りすることになってしまいます。そして、家族や友達がやりたいと言った場合にもオールランドタイプのボードなら安心して乗せられ、サーフィンがメインの人が上手くなっても、釣りや川下りなどに使うこともできます。このタイプは、上達したら無駄になってしまうような物ではありません。
ボードの構造や材質も最も種類が多いタイプです。壊れにくく比較的安全なソフトトップタイプや、人にぶつかった時に最も安全なインフレータブルのオールラウンドタイプが初心者にお薦めです。


これからSUPを始めようと思っている方は、まずはSUP Cruisingにご参加ください。

SUPサーフィン用のボードは、目指すライディングのスタイルによってボードのタイプも異なります。見た目もライディングのスタイルも普通のサーフィンのロングボードに似たタイプ、ハイパフォーマンス系のショートボード、その中間的なタイプ、ビッグウェイブ用のGUNなどがあります。またロングボード系には、ショートツーリングも十分快適に楽しめるオールラウンドタイプ寄りのもあれば、ハイパフォーマンスなロングボードもあり、ショートボード系は体重や体格に応じてボードのボリュームの選択もシビアになるなど、SUPサーフィン用のボードは、形も大きさも多種多様です。
EPSコアをガラスやカーボンのクロスで覆い、エポキシ樹脂で固めた(非常に大雑把な説明ですが)ボードが主流ですが、種類は少なかれどインフレータブルのSUPサーフィン用ボードなどもあります。
 

ボードの選び方

オールラウンドタイプの項目にも書きましたが、「上のレベルのボードを選ばないと、すぐに性能に不満になる。」のような意見には私は全く同意できません。ボード選びで最も重要なことは、「身の丈に合ったものを選ぶこと」です。実際転けてばかりで、技どころかテイクオフも出来ないでいる人を海で見かけることも少なくないのですが、「この人、このボードで練習していても上手くならないな。もっと乗りやすいボードで、波にたくさん乗った方が上達するのに。」とその度に思います。トップレベルのコンペティターに憧れるのも良いのですが、彼らでなければ性能を引き出すことのできないようなボードも結構出回っています。はっきり言ってしまえば、そんなボードに一般人が乗っても何も良いことは起こりません。背伸びせずに、その時の自分のレベルに応じたボードを選ぶことが、最も楽しくもあり、また上達への近道になると思います。経験を積んで、自分の技量や目指すライディングスタイルに合ったボードに変えて行くことは、サーフィンでもスキーでもスノーボードでも必須です。最初からこの一本で、などとは考えないでください。


SUP Surfingのページはこちらです。

速さを競う競技のためのボードです。非常に大雑把に言えば、細くて長い方がスピードが速く出るといった基本的な物理学的法則(小難しいことは省略した本当に大雑把な表現です)がありますので、確かにこのタイプは細長いものが多く、一般的にはほとんどのレースボードは初心者向きとは言えません。乗りこなせたら、レースに出るわけでなくても速くて爽快感を味わうことができ、エクササイズ的な使い方をしたり、パドラーの技量次第で高速ツーリングボードにもなります。しかし逆に、転んでしまったり転ばないように神経を使ってスピードを出せなかったりしているより、ツーリングボードでレースに出た方が良い成績を出せることも起こり得ます。まずはオールランドタイプやツーリングボードで基礎をしっかり習得してからこのタイプに乗るのが得策です。
そして、レース用と言っても、湖などの静水向き、ラフな海面や外洋レース向きなど、性能は特化してきています。SUPの道具はまだまだ進化の過程の中にありますが、レースボードは毎年新しい製品を見るだけでも面白く、特に活気のある分野でもあります。
レースは各地で盛んに開催されていますが、近頃荷物の大きさの規制が厳しい航空会社が多く、レースボードを運ぶのが難しい場合が多々あるかと思います。そんなこともあってか、インフレータブルのレースボードも増え、またインフレータブルだけのレースなども開催されるようになり、性能もどんどん向上しています。

ツーリンング用のボードは、オールラウンドタイプより、どちらかと言うと見た目はレースボードに近いようなものが多く、実際に十分レースでも活躍できるようなボードもあります。レースボードとの違いは、一般的にはレースボードより安定性を高めて様々なシチュエーションでも乗りやすくし、十分に荷物を乗せらる浮力やスペースを確保し、荷物を積載しやすい工夫が施されたりしているなどです。例えるなら本格派のシーカヤックのSUP版のようなタイプです。
ハードボードもインフレータブルボードもありますが、インフレータブルなら、電車やバスでの移動が可能で、航空機での運搬にも問題がなかったり、宅配便で送ることもできるので、自分で車を運転して運搬することが必須ではありません。限られた休日の時間を移動のために無駄をせずにすみ、行動の幅が広がり、遠隔地へのアドベンチャー的な旅にも最適です。
4m前後の全長は、小ぶりのフォールディングカヤックと同じくらいの長さですが、それよりずっと軽くて組み立てや撤収も断然楽で、より身軽に旅することが可能です。フォールディングカヤックにはかなり慣れている私でもそう感じるほどです。そして、状況によってはカヤックより少しスピードが落ちることもあります(それが必ずしもそうではなく、カヤッカーがSUPのツーリングボードのスピードの速さに驚くことも度々あります)が、多少スピードが落ちることがあったとしても、準備や片付けの時間が短く、トータルすればSUPの方が速いなんてことも十分あり得ます。
また、また何か尻の下に敷いて高さを調節するなどの工夫をすれば(実際カヤックシートキットのオプションのあるボードもあります)、快適でスピードの速いシットオントップカヤックのようにもなってしまいます。


Cetusは、フォールディングカヤックによる旅の長年の経験から、インフレータブルツーリングボードを使用した旅に関しては、特別なノウハウを持っていると自負しております。
SUPの旅:SUP Journeyのページはこちらです。

オールランドタイプのボードにも、川下りや川でのサーフィンを十分楽しむことができるものがありますが、より川での使用に特化したデザインのボードがあります。
川用のハードボードもありますが、川では岩にぶつけたりしてボードを傷める可能性も高いためか、リバーボードは、ぶつけても壊れにくいインフレータブルの方が主流になっています。そして、川下りには普通は「車を2台用意して回送」が必要ですが、インフレータブルボードなら、たたんでバス・鉄道・徒歩などで移動することができるので、「川を下ったらそれで終了(そのまま帰る)」といったことも可能です。

当店は、ボードを店頭にズラリと並べて販売しているわけではありませんが、逆に何のケアもなくインターネットで通販だけしているような店でもありません。ご相談に乗った上で、用途やレベルに合ったボード選びのアドバイスをし、多少在庫はしていますが、ボードはほぼ毎回お取り寄せして販売しています。
規模があまり大きくない店の場合は、的確なアドバイスは得られたとしても、色やブランドなどで多少妥協しても、店にある在庫品の中から選択しなければならなくなる可能性があり、規模の大きな店の場合は、在庫が多くても専門知識に欠ける店員に対応され、自分に合っていないモノを選択することになってしまう可能性があります。何も専門知識のないホームセンターのようなところや、インターネットで通販だけしている店で買うのは問題外かと思います。
安い買い物ではありません。万人に対応できる量の在庫を積めるほどの資金力がないということもありますが、間違った選択ではなく、妥協せずに納得したモノを手に入れていただきたいと思い、当店はこの方法でやっています。
 
Contactのページからお願いします。

メールマガジン(Cetus ニュースレター)をご購読ください。
イベント・ツアー・製品情報などはこちらのメールマガジンでお届けいたします。
勿論無料です。
配信をご希望の場合は、下のフォームからご登録ください。
 

  • 配信は不定期です。
 
  • ご登録いただきましたメールアドレスをこのメールマガジンの配信以外に使用することはありません。またメーリングリストは当店が直接管理することはなく、セキュリティーの整った配信業者のBenchmarkが管理しますので安全です。
  • Gmailアカウントなどブラウザーメールでご登録いただきますと、配信したニュースレターが「迷惑メール」や「プロモーション」に分類されてしまったり、受信ができない場合もあるようです。こちからは対処のしようがありません。Gmaiアカウントでご登録いただく場合は、「迷惑メール」や「プロモーション」を確認するなど、ご注意下さい。

 

トップページにも埋め込んでありますが、

BlogのPaddling On Emptyはこちら

です。
 

▼ 最新記事 ▼