CCP

Collapsible Craft Paddlers

 パドリングクラブCCP

当店はアトラクション的なその場限りの体験より、
自分の道具を持ってSUPやカヤックを続けて行こうという人を応援し、フォローすることに力を注いでいます
そのために、当店でカヤックまたはSUPボードをご購入いただいた方を対象とした会員制のパドリングクラブ『CCP(C.C.Paddlers)』を主宰しています。

 
会員の目的や参加頻度に応じで

  • 会費無料のS(Standard)会
  • 会費が月額2,000円のA( Ardent)会員

の2種類を設けています。

SUP・カヤックの練習会、講習会、ツーリング、キャンプ、ボランティア活動、会員同士の親睦、情報交換など。
 

毎週日曜日は、SUPサーフィン練習会(半日〜1日)またはSUP・カヤックの半日ツーリングの開催日(開催しない日、できない日はCetus ニュースレターにて通知します)です。

 

 CetusでSUPボードまたはカヤックをご購入いただいた方(S会員・A会員共通)。
 

  • S会員は入会手続き等は不要です。CetusでSUPボードまたはカヤックをご購入いただいた方は自動的にS会員の資格を有します。
  • A会員は入会手続きと会費のお支払い、更新手続き等が必要です。

 

  • Cetusが当クラブ会員向けにSUP・カヤックのワンデイツーリング、または宿泊を伴うツアーを原則月に1回のペースで開催。
  • Cetusが当クラブ会員向けにSUPサーフィン練習会(半日〜1日)またはSUP・カヤックの半日ツーリングを特に断りがない限り毎週日曜日(開催しない場合はCetus ニュースレターにて通知) に開催。
  • Cetusが当クラブ会員向けにカヤックのレスキュー講習を不定期で開催。
  • その他Cetusが当クラブ会員向けの講習やキャンプなどのイベントを不定期で開催。
  • Cetusへプライベートツアー・プライベート講習を発注可能。
  • On-line Shopのページに掲載の商品を練習会・講習会・ツアーなどの現場でお受け取りいただく場合、消費税分サービス。

 

などがS会員・A会員共通の主な権利特典です。

 

CCPの会員向けのツアーや講習などでご使用いただけるカヤックやSUPボードについて(S会員・A会員共通)

 

Kayak

CCPの活動(会員対象の講習やツアー等)でご使用いただけるカヤック
 

  1. Cetusでご購入いただいたカヤック(Delphina、Feathercraftなど)。
  2. 入手方法に関わらずFeathercraftカヤック。

 

  • 会員であっても、1.2.以外のカヤックではご参加いただけません。
  • タンデム艇で会員以外の方とツアー等に参加ご希望の場合は、その都度応談とさせていただきます。
  • ツアー・講習の企画内容によっては、当店でご購入いただいたカヤックであっても例外的にご使用いただけない企画(フォールディング機能が必要な企画でのリジットカヤックの使用、フィールドの条件に明白合わないカヤックの使用など)があります。

 

SUP

CCPの活動(会員対象の練習会・講習・ツアー等)でご使用いただけるSUPボード
 

  1. Cetusでご購入いただいたボードに限ります。

 

  • ツアー・講習の企画内容によっては、当店でご購入いただいたボードであってもご使用いただけない企画(フォールディング機能が必要なツアーでのハードボードの使用や、その他企画内容に明白に不向きなボードの使用など)もあります。
  • 会員であっても、他で入手されたボードでの参加は原則的にご遠慮願います。

 

その他

    • 乗り物やパドルなど以外の道具についても、主催者である当店が危険または状況にあまりに不適格と判断した場合は、CCPのツアー・講習などのイベント中のご使用を控えていただく場合もあります。

 


Cetusが使用できるカヤック・ボードや道具を限定する理由

誤解されやすいことでもありますが、何もかも当店からの購入を強要しようとか、何から何まで他店で購入した物の使用禁止や顧客の囲い込みなどを考えてのことではありません。
主な理由は、
 

  • 全く目的や人に合っていない道具を持ってこられても困る(そんなものは基本的に当店では販売していません)。
  • 安全性に欠けると思えるカヤックやボードも市場には出回ってしますが、当店で販売しているカヤックやボードが、当店にとって最も判りやすい安全面や航行性能などに関しての判断基準となるから。
  • 当店の主催する会員向けのツアー・講習の参加費は、カヤックやボードをご購入いただいたことが前提で金額設定(それのみでは一般的な基準の利益が出ない金額設定)しているから。

 
です。
また、当店の主催するツアー・講習は当店でご購入いただいたカヤックやボードで楽しんでいただく空間でもあります。飲食店の店内と同じような場(原則的に持ち込み飲食を禁止しているのが普通)と考えて運営していることも理由の一つです。
 

  • 会員向けの房総地域でのワンデイツーリングに月一度までは参加費無料(S会員は有料)。
  • 会員向けの房総地域以外でのツアー・宿泊を伴うツアーは、通常のツアー会費(参加費)から2,000円引き。
  • 会員向けの房総地域でのSUPサーフィン練習会または半日ツーリングの参加費は何度参加しても無料(S会員は有料)。
  • 房総地域でのSUPサーフィン練習会(1日~半日)以外のCetusの主催するSUPサーフィン練習会・ツアー等のイベントに参加する場合は、通常のイベント会費(参加費)から2,000円引き。
  • 当クラブの活動中(クラブとしての正式な活動中会員向けに開催する練習会やツアー等)、及び活動に参加するために移動中に起きた事故を対象とした公益財団法人 スポーツ安全協会の団体保険加入費が会費に含まれる(S会員は当保険には加入不可)。
  • SUP・カヤックの練習会、キャンプ、ツアー、ボランティア活動などの発案と実施(※ 「クラブとしての正式な活動(団体保険の適用)」には当クラブ代表による承認が必要です)。

 

  • 月額:¥2,000
  • 支払い方法:半年分または一年分一括払い。
  • 半年払い支払額:¥12,000
  • 年払い支払額:¥23,000(¥1,000割引)
  • 有効期間:A会員の入会日(会費を納入をした日)の月を含む6ヶ月または12ヶ月の月末まで(日割り無し)。
  • 更新:会費の支払いをもって自動更新。
  • 退会の場合:期間中に退会する場合は、退会日の翌月から残月分を一月単位で返金(退会月の残りの日割りの返金は無し)。

 

A会員は、A会員のみの利点・特典の項目にある通り、公益財団法人 スポーツ安全協会の団体保険への加入費が会費に含まれています(※ S会員資格で保険料を支払って当保険に加入することはできません。A会員のみに付随する特典です)。
概要は下記の通りです。
 

補償できる事故

『団体での活動(当クラブの正式な活動)中』、『団体活動(当クラブの正式な活動)への往復中』の事故に対し下記A〜Cの3つの補償が適用されます。
 

A. 傷害保険

保険者が日本国内において団体での活動(当クラブの正式な活動)中および往復中に、急激で偶然な外来の事故により被った傷害(熱中症および細菌性・ウイルス性食中毒を含む。)による死亡、後遺障害、入院、手術、通院が補償されます。
 

死亡保険金

事故の日からその日を含めて180日以内の死亡

後遺障害保険金

事故の日からその日を含めて180日以内の後遺障害

入院保険金

事故の日からその日を含めて180日以内の入院

手術保険金

事故の日からその日を含めて180日以内の所定の手術

通院保険金

事故の日からその日を含めて180日以内の通院 ただし支払日数は30日が限度

 
保険金額

死亡

64歳以下:2,000万円 65歳以上:600万円

後遺障害(最高)

64歳以下:3,000万円 65歳以上:900万円

入院(1日につき)

64歳以下:4,000円 65歳以上:1,800円

通院(1日につき)

64歳以下:1,500円 65歳以上:1,000円

 

B. 賠償責任保険

被保険者が日本国内で行う団体での活動(当クラブの正式な活動)中および往復中に、またはそれらを行うために被保険者が所有・使用・管理する動産に起因して、他人にケガをさせたり、他人の物を壊したことによって、法律上の損害賠償責任を負った場合に対象となります。
 
支払われる保険金:対人・対物賠償合算1事故5億円(ただし、対人賠償は1人1億円)
 

C. 突然死葬祭費用保険

被保険者が日本国内において団体での活動(当クラブの正式な活動)中および往復中に突然死(※)した場合で、被保険者の親族が葬祭費用を負担したときに対象となります。

突然死とは、急性心不全等の心・血管疾患や肺血栓塞栓症等の呼吸器疾患、脳内出血等の脳血管疾患等を死因とし、下記のいずれかに該当する死亡をいいます。

 
団体での活動(当クラブの正式な活動)中および往復中に顕著な体調変化が確認(注1)され、そのときから24時間以内の死亡(注2)。ただし、その顕著な体調変化に関係がある死亡に限ります。

  • (注1)被保険者以外の第三者により確認されたものに限ります。
  • (注2)顕著な体調変化の時から24時間経過時点で延命または集中治療を行っていた場合での180日以内の死亡を含みます。

 
支払われる保険金:
被保険者の親族が負担する次の葬祭費用に対して、180万円を限度として、その実額が支払われます。
〈保険金の支払い対象となる葬祭費用〉
通夜、祭壇、火葬、戒名料、お布施、献花、埋葬、石塔、墓石、墓地、仏壇、香典返し等、葬祭に要した一切の費用(初七日・四十九日法要などその後の費用を含みます。)。
 


その他の注意事項など

  • 上記はあくまで概要です。保険ですから当然細かな規定等があります。詳細は公益財団法人 スポーツ安全協会のウェブサイトをご覧ください。
  • この保険は当クラブの正式な活動中および往復中の事故を対象としています。A会員であっても、当クラブの正式な活動(当クラブ代表がクラブの正式な活動として承認しているもの)中以外の事故(会員個人や会員同士での私的な活動など)には、この保険は適用されませんのでご注意ください。
  • シーカヤックもSUPも保険会社の認定する「危険度の高いスポーツ」には幸い含まれていませんが、危険を伴うスポーツであることは確かです。個人加入のスポーツ保険で手頃なものもあります。併せてそうしたものにもご加入されることをお勧めします。

 
 

CCPの主な活動

同じところをパドリングして出艇地点まで戻らず、片道の移動はボードやカヤックをたたんで、電車やバスに乗って移動する、ワンウェイツアーです。単純計算では同じ時間で2倍進むことができ、状況に応じて進む方向を決めれば、風や潮の流れに無理に逆らう必要もありません。
フォールディングカヤック・インフレータブルSUP利用ならではの、このユニークで合理的なツアーは、 Cetusオリジナルの、ライフワークのような活動です。
 

ワンデイツアー

コース取りによっては、同じコースではないところをパドリングして出艇地に戻ることが可能な場合もありますので、Paddle & Rideではないワンデイ(通常昼食はカヤックまたはボードに積んで行く)ツアーの場合もあります。
 
Paddle & Rideも含め、房総で実施するワンデイツアーの参加費はS会員:2,000円、A会員:月一回まで無料です。
房総以外で実施の場合やキャンプなど2日以上に渡る場合は、その都度料金が異なります。
主に房総で実施する午前または午後半日(2〜3時間程度)のクルージングです。
参加費はS会員:1,000円、A会員:何度でも無料です。
「波がなければ半日クルージング、波があったらサーフィン練習会に変更」となる場合もあります。
お客様の事情が許す限り、カヤックやボードをご購入いただいた際は、「商品を渡してお終い」にするのは避けたいと思っています。
カヤックもSUPボードも進水式の日(初めて下す日)は、組み立てや使い方、乗り方のご説明を兼ねて、そのままショートツーリングに出たり、波乗りをしています。実施する場所は主に鋸南町・南房総市・館山市などの内房エリアです。
房総で実施の場合は、進水式の人はもちろん参加費無料です。
参加費はS会員:1,000円、A会員:何度でも無料です。
その他の地域、遠隔地で実施する場合は場所に応じて異なります。
南房総エリアで実施する半日のサーフィン練習会です。
安全に遊ぶ方法や、他のサーファーとトラブルなど起こさないようにサーフィンのルール・マナーを最重視しています。
気付いたポイントをアドバイスしたりしながら皆で楽しむ場合と、テーマを決めて練習する場合があります。参加者お互いを見たり、皆で楽しく波乗りしながら、少しずつ上達を目指す練習会です。
しかし、基本的に教えたがりではありませんので、こちらから「手取り足とり」のようなことはいたしません。参加者側が積極的に質問したり、手本を観察していただくことが必要です。
参加費はS会員:1,000円、A会員:何度でも無料です。
「波がなければ半日クルージング」となる場合もあります。
 
フォールディングカヤック・ツーリングボードを使った長距離ツーリングに関してのノウハウは、20年以上のフォールディングカヤックを使った旅の経験で培ったCetusならではのものがあります。
1〜2泊の宿泊りのツアーもあれば、キャンプ道具をカヤックやSUPボードに積み込んで出かける無人島キャンプツーリングなどもやっています。
参加費はその都度異なります。S会員の参加費も世間の相場と比較すると格安ですが、A会員の参加費はS会員の参加費からさらに2,000円引きです。

沖縄や奄美などへのSUPサーフィンツアーも開催しています。
ハードな波を求めて言うよりは、人の少ないメローで良いロケーションを楽しみに行く旅です。例え波にはあまり恵まれなかったとしても、サーフトリップの楽しさは格別なものがあります。そして波がない場合もクルージングを楽しめるのがSUPの大きな魅力の一つです。房総で基礎を練習したら、サーフトリップに出かけましょう。
参加費はその都度異なります。
カヤックのセルフレスキュー・グループレスキューは、信頼できるツアーオペレーター(ガイド)がいない場合には必須のテクニックです。パドルフロートなどの補助具やビルジポンプは備えているだけでは役に立ちません。パドルフロートなどを使うにしても、必ず使い方をマスターしておかなければ、いきなり実際の場面で使うことなどできません。また、その他にもお伝えしたい注意点などは多々あります。
カヤックのレスキュー講習は、個別にご予約いただいて開催もしているのですが、なかなかお申し込みいただけないので、たまに(年に1〜2回程度)メンバーの方を対象に、こちらで日程を決めて開催しています。 
こちらで決めた日程で、房総で開催するカヤックのレスキュー講習会の参加費は、S会員:5,000円が標準(変更になる場合もあります)です。A会員の参加費はS会員の参加費からさらに2,000円引きです。
Cetusのメンバー(CCP会員)は、ハードコアなイメージを抱かれることも少なくないようで、それはそれで光栄なことでもあるのですが、楽しむことに人一倍力を注ぐ人達が多いのは事実としても、決して強者だけの集まりなどということではありません。
また、通常キャンプは宿泊或いは前進する手段であって目的とは考えていないのですが、たまに忘年会や新年会など、湖のほとりのキャンプ場などで、お気軽キャンプ、宴会キャンプをすることもあります。
 

CCPの名称の由来
Collapsible Craft Paddlersの頭文字で、『Collappsible Paddle Craft(たためるパドルクラフト)の愛好家』のような意味です。
カヤックはフォールディングカヤック、SUPのツーリングにはインフレータブルボードを使用することが多いのでこの名称ですが、SUPサーフィンもするし、ハードボードも対象となっています。
CCR(Creedence Clearwater Revival)が好きだからということも関係しているのかいないのか?です。

 

BKP
インフレータブルSUPが登場する以前は、水上の移動手段(相棒)は、ほぼフォールディングカヤックのみでしたので、パドリングクラブの名称がBKP(Back Kayak Packers)でした。
水上の移動手段として、SUPも加わったため、カヤックに限定しない名称:CCPに変更しました。

 

イベント・ツアー・製品情報などは、メールマガジン:Cetus ニュースレターでお届けしています。
配信をご希望の場合は、下のフォームからご登録ください。勿論無料です。
 

  • 配信は不定期です。
 
  • ご登録いただきましたメールアドレスをこのメールマガジンの配信以外に使用することはありません。またメーリングリストは当店が直接管理することはなく、セキュリティーの整った配信業者のBenchmarkが管理しますので安全です。
  • Gmailアカウントなどブラウザーメールでご登録いただきますと、配信したニュースレターが「迷惑メール」や「プロモーション」に分類されてしまったり、受信ができない場合もあるようです。こちからは対処のしようがありません。Gmaiアカウントでご登録いただく場合は、「迷惑メール」や「プロモーション」を確認するなど、ご注意下さい。

 

トップページにも埋め込んでありますが、

BlogのPaddling On Emptyはこちら

です。
 

▼ 最新記事 ▼